馬券販売所リニューアル「家族連れも楽しんで」売上好調の高知競馬 来月フードコートも【高知】 (22/04/08 19:00)

高知市長浜の高知競馬場です。

川辺世里奈アナウンサー
「馬券発売所のなかはとても明るくて木の香りがする。モニターの数が多いです。どの方向を見ても確認することができます。」

リニューアルオープンした1階の馬券発売所です。去年7月に着工し、8億1158万円かけて3月完成しました。これまでは吹き抜けになっていましたが、雨風をしのげる屋内施設に生まれ変わりました。広々とした空間には県産の杉が使われていて、木のぬくもりを感じられます。

発売・払い戻しを行う自動販売機は12台。馬券の記載台が新たに設置されました。注目はオッズやレース実況を映し出すモニターの多さです。その数、99台!「モニターが見づらい」という利用者の声を受けリニューアル前の2倍に増やしました。

また、これまで屋外で営業していた屋台は撤去され、馬券発売所内に5月オープンする予定のフードコートに軽食を販売する店など5店舗が出店します。

高知競馬場の昨年度の売り上げはおよそ949億円で、前年度から95億円以上アップ。6年連続で過去最高を更新していて今年3月には1日の売り上げが20億円を超え、過去最高となりました。こういった売上の一部を活用し老朽化した施設の改修工事を進めています。

高知県競馬組合 広報班長 大石悟史さん
「従来のファンの方もそうですしお子様連れや女性にも楽しく過ごしていただける環境になっていると思います。」

今後は4階の特別観覧席などがリニューアルされるということです。