ページの先頭です
Menu
文字サイズ
見直そう親子の生活習慣
プロジェクトについて
平成18年度から3年間のプロジェクト事業として取り組んできた
「子どもの生活習慣確立プロジェクトは、平成20年度をもって終了しました。

3年間のプロジェクト事業や地域の活動などでの報告、作成した啓発資料等はアーカイブスとして、このサイト内に残しておりますので、今後も地域での取り組み の参考にしていただければ幸いです。

プロジェクトの趣旨

平成18年度から3年間の東京都重点事業として
「東京都『子どもの生活習慣確立プロジェクト』」がスタートしました。

このプロジェクトは、「子どもの生活習慣の乱れ」を改善し、確かな学力や体力の基となる望ましい生活習慣を確立するため、その役割を担う「家庭の教育力」を学校や地域社会と連携しながら支援するものです。そのためのしくみとして「子どもの生活習慣確立東京都協議会」を設立し、学校、地域社会、企業、行政が、それぞれに子供の生活習慣確立の必要性を広く社会に普及するための取り組みを行っていきます。

プロジェクト事業の紹介

20年度の事業

秋の展示報告

★プロジェクトの事業 「子どもの生活習慣確立プロジェクト」平成20年秋の啓発資料展の取組

「子どもの生活習慣確立プロジェクト」平成20年秋の啓発資料展の取組

「子どもの生活習慣確立プロジェクト」では、例年、東京都の各局と連携して子どもの生活習慣確立のための啓発資料展に取り組んでいます。今年の秋にも東京都産業労働局、福祉保健局が主管する事業において、「子どもの生活習慣確立プロジェクト」で作成したパネルの展示や啓発資料の配布等を行いました。

【第2回東京都食育フェア】

10月12日(日)・13日(祝・月)、東京農業大学の「『食と農』の博物館」、「けやき広場」を会場に、「第2回東京都食育フェア~楽しみながら食を育もう」が開催されました。

「『食と農』の博物館」では、「東京都の食育への取組紹介」、知って得する食の知識を紹介する「イメージシアター」、調理デモンストレーション&体験教室の「キッチンシアター」が開催されました。
「けやき広場」では、91団体の出展する60のテントブースで食をテーマとする展示・試食・販売等、乳搾りなどの体験コーナー、広場中央での「パフォーマンスステージ」など盛り沢山の出し物に、二日間で凡そ14,000人の参加がありました。

「子どもの生活習慣確立プロジェクト」では、「東京都の食育への取組紹介」コーナーで「そうだ、やっぱり 早起き・早寝!&朝ごはん」をテーマにパネル展示・啓発資料の配布を行いました。

けやき並木
けやき並木

東京都の食育への取組紹介コーナー
東京都の食育への取組紹介コーナー

【子育て応援とうきょう広場 2008】

11月22日(土)、子育て応援とうきょう会議と東京都が主催し、都庁の都民広場・都民ホール・大会議場等を会場に、「遊ぶ・学ぶ」をキーワードに、親子で一日中楽しめるイベントを開催しました。

父親がより育児に参加できるきっかけを探す「とうきょうパパサミット2008」や、親子ふれあいワンダー広場での「太鼓ライブ」「TOKYO体操」「ファミリーコンサート」などのスペシャルイベント、また、親子で遊ぼうゾーン・親子で学ぼうゾーン・賛同企業ゾーンなどで、子育てについての耳より情報をキャッチしたり、ゲームに挑戦したり、秋の一日を4,055人の親子が楽しんでいました。

「子どもの生活習慣確立プロジェクト」でもパネル展示・資料配布により、都民の皆様に「生活習慣確立の大切さ」をアピールしました。

親子ふれあいワンダー広場
親子ふれあいワンダー広場


「子どもの生活習慣確立プロジェクト」の展示ブース
「子どもの生活習慣確立プロジェクト」の
展示ブース


夏季キャンペーン

★プロジェクトの事業 20年度夏季キャンペーン 啓発資料など

「子どもの生活習慣確立プロジェクト」20年度夏季キャンペーンで配付した
啓発資料やツールをアップしました。

こちらのサイトからダウンロードできます。


★プロジェクトの事業

楽しく学ぼう!東京都教育委員会企画展「親子の食を考える」&ミニ講座 開催報告

今年の夏も、東京都教育委員会と新宿髙島屋との協働で、子供の生活習慣確立のための企画展が開催されました。
8月13日(水)から18日(月)まで、新宿髙島屋9階キッズスクエアで、東京都教育委員会と「子どもの生活習慣確立東京都協議会」の会員である髙島屋との協働で、子供の生活習慣確立啓発パネル展が開催されました。
このパネル展は、昨年に引き続き2回目の開催です。開催期間中の土曜日・日曜日には、同じく協議会の会員である明治乳業の協力により、ミニ講座も開催されました。

◆今年の啓発パネル展のテーマは「親子の食を考える」です。

食と生活に関するパネル展示では、“朝ごはん、幼児の食事バランスガイド”などの食に関するパネルや、“早起き、早寝、朝ごはん”など生活リズ ムについてのパネル、そのほか都福祉保健局から提供いただいた「生活習慣病、メタボリックシンドロームの予防」等のパネルを展示しました。
配布資料では、協議会会員等から提供いただいた食育関係の資料のほか、「子どもの生活習慣確立プロジェクト」の啓発資料を配布しました。特に、レシピが掲載されている資料が人気で、会場を訪れた人が何種類も持ち帰っていました。

見て、さわって、楽しみながら学べる展示物として、“プランちゃん(東京都健康推進プラン21のマスコット)”を使った東京都幼児向けバランスゴマや、幼児向け食事バランスガイド、都立多摩図書館から提供いただいた「食に関する絵本」を展示しました。
そのほか、啓発DVD「そうだ、やっぱり 早起き・早寝!」の上映などを行いました。
展示ルームは、誰でも自由に、フラッと訪れることができます。買い物の合間に立ち寄って、パネルに見入る人、バランスゴマを使って一日分の食べたものを表示する親子、絵本に夢中の子供など、思い思いに展示を楽しんでいました。

生活習慣パネルとバランスゴマ
生活習慣パネルとバランスゴマ

食に関する絵本
食に関する絵本

◆展示期間中の8月16(土)、17日(日)には、ミニ講座「元気なカラダを作るカルシウム」「朝ごはんのミラクルパワー」の二つの講座が開催されました。

進行役は、明治乳業の栄養士の方々です。 クイズ形式で、牛の大きさに関する質問をしたり、牛乳の一日の生産量などを確かめながら、カルシウムや朝ごはんの大切さを伝えていました。講座の最後に、「家庭でできるバター作りキット」とミニ講座の資料がプレゼントされ、子供にも大人にも良いお土産になったようです。全4回の講座で49人の方々にご参加いただきました。

また、タッチパネルを使った牛乳・乳製品のクイズも同時に実施され、楽しみながら牛乳・乳製品の知識を学んでいただきました。

ミニ講座「元気なカラダを作るカルシウム」
ミニ講座「元気なカラダを作るカルシウム」

クイズ形式で楽しく
クイズ形式で楽しく

ページの先頭に戻る