ページの先頭です
Menu
文字サイズ
プロジェクトについて

「乳幼児期からの子供の教育支援プロジェクト」とは

家庭教育の機能及び地域教育の機能を高めることを通じて、人間形成の基礎となる乳幼児期からの子供の健やかな成長を支援する取組です。

 [1]東京都教育委員会は、
 「乳幼児期からの子どもの教育支援プロジェクト」を推進します。

このプロジェクトは、平成18年12月教育基本法の改正により、新たに設けられた「家庭教育」「幼児期の教育」の考え方を踏まえ、第7期東京都生涯学習審議会第一次答申「乳幼児期からの子供の発達を地域で支えるための教育環境づくりの在り方について」(平成19年12月)に基づき施策化したものです。



 [2]プロジェクトの背景
 (子供・親の問題状況と従来の支援施策の課題など)

1.子供・親の問題状況

都市化、核家族化、少子化及び地縁的関係の希薄化等を背景にして、

2.従来の支援施策の現状と課題

行政では、主として教育と保健福祉の分野で、様々な支援施策が展開されています。 しかし、子育て層の8割が「子育てへの地域や社会の支援が不十分」と感じている調査報告があり、「社会的に孤立している親への対応ができていない」「地域の実状や個々人の状況を踏まえたきめ細かな支援が十分ではない」という課題が残っています。

3.乳幼児期からの発達の重要性(科学的な知見の普及)

一方、子供の成長は、「乳幼児期」において生涯にわたる人間形成の基礎が培われるとされています。 近年の医学、脳科学等の研究により、子供の情動の健全な発達のためには乳幼児期からの教育が重要であるとの科学的知見が示されており、乳幼児期の重要性はますます注目されています。

 [3]プロジェクトの趣旨

上記のような状況を踏まえ、


 [4]プロジェクトの事業について(具体的な内容)

1.乳幼児期からの子供の教育支援の必要性を全都に普及させる取組

2.乳幼児期からの子供の教育支援の取組を地域に定着させる取組

ページの先頭に戻る