ページの先頭です
Menu
文字サイズ

教えて、先生!

No.030同じ絵本ばかりを繰り返し読んでいてもいいのでしょうか?

Q.

いろいろな絵本を読んで聞かせたいのですが、子供はいつも同じ絵本を読んでとせがみます。同じ絵本ばかり繰り返し読み聞かせていてもいいのでしょうか?

教えてくれるのは>>>都立多摩図書館(東京都教育委員会)

A.

子供は気に入った絵本を何度も何度も楽しみます。お気に入りの絵本は、心に刻まれて大切な一冊になるでしょう。やがて新しい本に手を伸ばすまで、とことん付き合ってあげてください。

気にいった本を何度も何度も楽しむのが、子供の本の読み方です。読むたびに、初めてのときのような深い喜びがあり、同時に新しい発見をします。繰り返し読みたい本に出会えたことは、すばらしいことです。どうぞ、とことん付き合ってあげてください。

大人は、読んだ本を読み直すより新しい本を読んだ方が、おもしろいし、役に立つと考えます。でも子供は違います。子供は、本の中で主人公になりきって、冒険にわくわくします。リズミカルな言葉に心を躍らせます。読めば読むほど、楽しさは増し、本が自分のものになっていくのです。絵本がまいた種が子供の心の中で育つと、ときには主人公になって遊んだり、絵本の言い回しを普段の会話に上手に使ったりすることもあります。そうやって心に刻まれた絵本は、大人になっても忘れられない大切な1冊になるでしょう。

そしてどんなに好きな本でも、やがて子供はその本を卒業し、新しい本に手を伸ばすときを迎えます。

★ほん・本・ごほんの番外編★

都立多摩図書館から、テーマに関連する絵本を紹介します。お近くの図書館で探してみてくださいね。

おおきなかぶ

『おおきなかぶ』

A.トルストイ再話 内田莉莎子訳 佐藤忠良画 福音館書店

おじいさんがまいたかぶの種が、大きく大きく育ちました。「うんとこしょ どっこいしょ」 おじいさんが引っぱってもカブは抜けません。繰り返し楽しんでいるうちに、「うんとこしょ、どっこいしょ」とおおきなかぶごっこが始まる楽しいロシアの昔話。

※「ほん・本・ごほん」本編は、「都立図書館 こどもページ」にあります。

都立図書館の紹介

東京都教育委員会は、乳幼児期の読書活動を推進するために、乳幼児のいる家庭へ情報提供や相談事業、区市町村立図書館の支援など、さまざまな事業を実施しています。

平成16(2004)年度には、東京都教育委員会は、東京都子ども読書活動推進計画事業の一環として、『しずかなひととき 乳幼児に絵本の読み聞かせを』を発行しました。

また、都立多摩図書館(立川市)には、子供のための本、雑誌、などをそろえた「児童エリア」もあります。

読み聞かせや子供の読書に関するウェブサイトはこちら。

「都立図書館 こどもページ」http://www.library.metro.tokyo.jp/c/index.html

ページの先頭に戻る