ページの先頭です
Menu
文字サイズ

教えて、先生!

No.026赤ちゃんの脳も育っているのですか?
どんな刺激を与えればいいですか?

Q.

まだ何もできない赤ちゃんの脳も育っているのですか?
発達のためにはどんな刺激を与えればいいのでしょうか?

教えてくれるのは>>>成田 奈緒子先生(文教大学教育学部教授・小児科専門医)

A.

お日様のリズムに合わせた毎日の生活の中で繰り返しうける、強すぎない刺激が赤ちゃんの脳を着実に育てます。

脳の形は、見た目には生まれた時も大人になっても大体変わりません。違うのは、脳の中にある脳細胞同士のつながり具合です。脳の中に収納されている脳細胞は150~200億個もあって、これが生まれたあと細胞同士がどんどんつながりを増やして複雑な構造になっていきます。これが、「脳が育つ」ということです。

実は、生まれて最初の5年くらいが、一生のうちでも最もこのつながりが増える時期です。ということは、赤ちゃんの脳こそ、育っているということですね。

この脳神経のつながりは刺激によって増えていきますから、刺激を繰り返したくさん与えるほど脳はよく育ちます。"繰り返したくさん"と言っても、難しいことではありません。刺激は、五感を通して、生活そのものから入ってくるからです。

たとえば朝日を浴びること(目から入る光の刺激)、ミルクを飲むこと(鼻から入る匂いの刺激や舌で感じる味の刺激)、大人の声を聞くこと(耳から入る音の刺激)、おもちゃで遊ぶこと(肌から入る触覚)などが、赤ちゃんの脳には生まれたその日から絶え間なく刺激として入ってきます。

大事なことは、お日様のリズムに合わせて、赤ちゃんと大人の暮らしが毎日だいたい規則正しく行われていることです。朝、お日様が昇ったら目覚め、昼間は大体同じ時間に食事をしたり体を動かす活動をして、お日様が沈んだら寝る。

そして、大人が話しかけたり笑いかけたり抱っこをしたりする。決して強い刺激ではありませんが、これらが毎日繰り返されることによって脳は着実に育っていくのです。

★ほん・本・ごほんの番外編★

都立多摩図書館から、テーマに関連する絵本を紹介します。お近くの図書館で探してみてくださいね。

くんちゃんは おおいそがし

『くんちゃんは おおいそがし』

ドロシー・マリノ作  まさきるりこ訳  ペンギン社

こぐまのくんちゃんは「何をしてあそんだらいい?」とお母さんに聞きました。お母さんは、外へ行って自分で何かすることを見つけなさいと言いました。くんちゃんは、外へ行って、松かさや木切れや石を見つけて遊んでいるうちに、大忙しになったんですって。子供の一人遊びの豊かさを描いています。

※「ほん・本・ごほん」本編は、「都立図書館 こどもページ」にあります。

成田 奈緒子先生のプロフィール

成田 奈緒子先生(文教大学教育学部教授・小児科専門医)

発達脳科学の研究と、小児科専門医としての臨床の経験をもとに、心と脳の発達の観点から、早起き・早寝や食、運動など生活習慣確立のための調査研究や、講演会などの啓発活動を全国的に行っている。

主な著書
「脳の進化で子どもが育つ」(芽ばえ社)、
「脳と心の子育て」(ブレーン出版)、
「5歳までに決まる!才能をグングン引出す脳の鍛え方 育て方」(すばる舎)ほか。

ページの先頭に戻る