ページの先頭です
Menu
文字サイズ

教えて、先生!

No.025うんちが硬いようで心配なのですが、どうしたらいいですか?

Q.

離乳食から普通食へと進めているところですが、うんちが硬いようで心配です。どうしたらいいですか?

教えてくれるのは>>>加藤 篤さん(日本トイレ研究所 代表理事)

A.

食事に繊維のものが入るとうんちが固まってきます。硬目でも楽にうんちができていればよいですが、苦しいときは、まず食事療法を。排便が苦しくて大泣きしたり、肛門からの出血が続くなら、便秘の分かる小児科の病院にいった方がよいでしょう。

離乳食から普通食に移行するとき、うんちの状態が変わります。子どものからだの調子を知らせてくれるのがうんちですので、その意味でも、うんちの変化はとても気になりますよね。今回は、硬いうんちの原因とその解消方法について、さいたま市立病院の中野美和子先生(小児外科医)にアドバイスを頂きましたので、ご紹介します。

■硬いうんちの原因として考えられること

新生児期から、3か月、5か月と成長すると、便の回数は腸の発達に伴い、徐々に減っていきます。最初10回以上/日だったのが徐々に5~6回/日、そして、5~6か月で離乳食を始めると、繊維のものが入るために、便が固まってきます。1歳ごろの離乳完了で、さらに便の形ができていき、1日1~3回のおとなに近い排便になります。ですから、有形便になるのは、成長、食事の内容に伴う、自然なものです。もし硬すぎて、排便に苦労するなら、それは、慢性便秘症の可能性が高いです。硬目でも、楽に排便できればよいですが、苦しくて大変ということなら、治療対象となる慢性便秘症です。

■硬いうんちの解消法

1歳を過ぎて、急に排便が苦しくなる子供は時々います。まず、食事療法です。3食きちんと食べて、おかしは最小限にします。繊維が多い食事、発酵食品などを試みます。食事療法に含まれますが、オリゴ糖や、プルーンなども試みるのがよいです。しかし、食事療法がうまくいかずに、排便困難が1か月以上持続するなら、慢性便秘(便の溜ぐぜ)の状態になり始めている可能性がありますから、便秘の分かる小児科に行った方がよいでしょう。排便困難とは、排便に時間がかかる、出そうだが、なかなか出さない、排便が苦しくていつも大泣き、便が硬くて、肛門が切れて出血する、などです。

★ほん・本・ごほんの番外編★

都立多摩図書館から、テーマに関連する絵本を紹介します。お近くの図書館で探してみてくださいね。

はけたよはけたよ

『はけたよ はけたよ』

かんざわとしこ文 にしまきかやこ絵 偕成社

ひとりでパンツをはけない、たつくん。パンツをはかずに外に行ったら、動物たちがやってきて、「しっぽのないおしり」と大笑いされました。でもたつくんは、最後にはひとりではける方法を見つけました。

※ 「ほん・本・ごほん」本編は、「都立図書館 こどもページ」にあります。

加藤 篤さんのプロフィール

1997年から国内・海外でのトイレ調査や、環境・健康などの視点からトイレや排泄を考えるシンポジウム等の企画・運営に従事し、現在、NPO法人日本トイレ研究所代表理事。

野外フェスティバルや山岳地などにおけるトイレ計画づくり、災害時のトイレ対策、小学校のトイレ空間の改善、養護教諭を対象にした研修会、子どもたちにトイレやうんちの大切さを伝える出前授業を展開している。

おもな著作等
『元気のしるし朝うんち』(共著)少年写真新聞社(2010)、
『水の知』(共著)化学同人(2010)、
『うんちっち!のうた』(作詞)日本トイレ研究所(2009)、
『震災時の避難所等のトイレ・衛生対策』保健医療科学(2010)

ページの先頭に戻る