ページの先頭です
Menu
文字サイズ

教えて、先生!

No.024うんちは朝にするのがいいの?夕方でもいいの?

Q.

いつも夕方にうんちをしているのですが、体のためにはうんちは朝にする方がいいのですか?

教えてくれるのは>>>加藤 篤さん(日本トイレ研究所 代表理事)

A.

体調や個人差があるので、朝に限らず定期的にすっきり出るのなら問題ありませんが、小学校での団体行動や決まった時間での活動を考えると、朝うんちが習慣になるのはいいことです。

食べものが胃に入ると腸が活発に動きます。とくに、自律神経のリズムが関係して朝は活発に動くと言われています。そのため、早めに起きて、時間に余裕をもって朝ごはんをしっかり食べると、その後にうんちが出やすいのです。

体調や個人差もあるため、朝に必ずうんちをしなければならないということではありません。毎朝、うんちが出るのが望ましいのですが、すっきり出るのであれば、それが夕方だったとしても問題ないと考えています。

また、頻度についても同様に、定期的にすっきり出るのであれば、2~3日に1回だったとしても心配することはないと思います。逆に、毎朝出たとしても、おなかがスッキリしない、力んでもなかなか出ない、痛みを伴うという方が心配です。

小学校に入学すると、団体行動が中心となります。勉強する時間、食べる時間、遊ぶ時間など、決められた時間を守らなければなりません。

もちろん、うんちがしたくなったらガマンせずに、トイレに行くことが必要ですが、休み時間は短いので、朝、しっかりうんちをしておけば、安心して学校生活を送ることができます。そういった意味では、朝うんちが習慣になることはいいことですね。

朝うんちをするには、夜寝る直前は食べものを食べないこと、朝起きたらコップ一杯の水を飲むこと、朝ごはんをよく噛んでいろいろなおかずを食べることが効果的です。あとは、あせらずリラックスすることも大切です。うんちがしたくなるのを楽しみながら待つ、というのはどうでしょうか?

★ほん・本・ごほんの番外編★

都立多摩図書館から、テーマに関連する絵本を紹介します。お近くの図書館で探してみてくださいね。

パンツのはきかた

『パンツのはきかた』

岸田今日子作 佐野洋子絵 福音館書店

コブタがパンツをはきながら、歌います。「パンツはね、はじめにかたあし いれるーでしょ それから もうかたっぽ いれるでしょ それから きゅーっとひっぱって・・・」楽譜つきです。

※ 「ほん・本・ごほん」本編は、「都立図書館 こどもページ」にあります。

加藤 篤さんのプロフィール

1997年から国内・海外でのトイレ調査や、環境・健康などの視点からトイレや排泄を考えるシンポジウム等の企画・運営に従事し、現在、NPO法人日本トイレ研究所代表理事。

野外フェスティバルや山岳地などにおけるトイレ計画づくり、災害時のトイレ対策、小学校のトイレ空間の改善、養護教諭を対象にした研修会、子どもたちにトイレやうんちの大切さを伝える出前授業を展開している。

おもな著作等
『元気のしるし朝うんち』(共著)少年写真新聞社(2010)、
『水の知』(共著)化学同人(2010)、
『うんちっち!のうた』(作詞)日本トイレ研究所(2009)、
『震災時の避難所等のトイレ・衛生対策』保健医療科学(2010)

ページの先頭に戻る