ページの先頭です
Menu
文字サイズ

教えて、先生!

No.021朝ごはんは食べなくても大丈夫?

Q.

親が朝ごはんを食べない生活なので、子供も朝ごはんを食べていません。でも元気なようですが、だめでしょうか?

教えてくれるのは>>>鈴木 みゆき先生(国立青少年教育振興機構理事長、医学博士)

A.

朝ごはんは、脳と体の目覚まし時計です。子供が午前中から体を動かして元気に過ごすためにも、朝から脳を活発に働かせるためにも、一日の生活リズムを整えるためにも、朝ごはんは食べることが大切です。

朝ごはんは、まず体のリズムを整えます。エネルギーがいきわたって体が目を覚まし、動きやすくなり、一日をすっきりスタートできます。

ヒトは寝ているときは体温が下がっていますが、昼行性の動物である私たちは、日中活動しやすいように体温が上がります。朝ごはんを食べないと体温はずっと低いまま。体の温度も下がったままなので午前中から眠くなったりあくびが出てしまいます。

また、脳のエネルギー源はブドウ糖ですが、朝ごはんを食べないとブドウ糖が不足した状態のままで、脳にエネルギーがまわらず、午前中は集中力や記憶力もうまく働きません。

朝ごはんを食べないと午前中は頭も体もボーっとしたままで、昼ごはんを食べた後になってようやく活動的になり、夜はいつまでも眠れず、また朝、起きられない・・・そんな悪循環に陥ってしまいます。

「朝は食欲がない」「食べる時間がない」というご家庭では、前日の生活を見直してみませんか。夕食が遅い時間だと朝も食欲がわかないし、朝寝坊してしまうので時間がない・・・これでは体に必要な栄養をとることができないし、夜型・朝食抜きの生活は肥満や栄養不足、生活習慣病の原因にもなります。

お子さんが午前中から体を動かして元気に過ごすためにも、脳を活発に働かせるためにも、食事のリズムを整えるためにも、朝ごはんはきちんと食べることが大切です。

ご家庭によっていろいろな事情があると思いますが、まずは一品からでも必ず朝食をとることを習慣にしましょう。できれば主食・主菜・副菜・汁物の4品を食べるといいですね。

鈴木 みゆき先生のプロフィール

元和洋女子大学人文学群心理・社会学類 人間発達学専修こども発達支援コース教授。平成29年4月から現職。

永く大学での保育者養成に携わりながら、子供の成長発達とその環境や生活習慣に関する研究を続け、特に生活リズムの乱れに対する問題意識から、子供の生活リズムの改善・確立のために「子どもの早起きをすすめる会」発起人となり、全国で保護者や指導者向けの講演等啓発活動を行ってきた。

その他、雑誌やTVなどの育児相談等も多数。幼稚園・保育所で子供と遊ぶ手遊び・リズム遊びの創作も手がけ、NHK「みんなのうた」、「おかあさんといっしょ」等にも詞を提供。

主なご著書
「早起き・早寝・朝ごはん」芽ばえ社、
「早起き脳が子どもを伸ばす」 (共著)けやき書房 他多数

※プロフィールは平成30年(2018年)3月現在のものです。

ページの先頭に戻る