ページの先頭です
Menu
文字サイズ

教えて、先生!

No.004お昼寝たっぷりなら夜更かししてもいい?

Q.

保育園でたっぷりお昼寝をしているので、夜遅くまで元気です。遅寝でもかまいませんか?

教えてくれるのは>>>神山 潤先生(東京ベイ浦安市川医療センター長)

A.

夜型は睡眠時間が短くなり、心身に様々な問題が生じやすい。夜更かしは避けた方がいいと思います。

遅寝(夜ふかし)は避けた方がいいと思います。睡眠時間は大切ですが、いつ寝るかも大切です。夜ふかしをして、夜に光を浴びる時間が長くなることは昼行性の動物であるヒトにとって望ましくないのです。脳にある生体時計の調子が悪くなり、メラトニンの分泌も悪くなります。

また遅寝ではどうしても夜型になりますが、夜型では朝型よりも睡眠時間が短くなり、心身に様々な問題が生じやすいようなのです。出来る限り早寝を目指していただきたいと思います。

「夜ふかしするのはお昼寝のせい」という議論もあります。私の10年前の調査でもお昼寝終了の時刻が遅いと夜ふかしになる事がわかりました。

ところが最近の世界の赤ちゃんの眠りの調査では、生後三カ月以降、日本では赤ちゃんの昼寝が他の国と比べて極端に短いことが分かったのです。つまり世界ではもっとお昼寝をたっぷり取って、夜も早く寝ている赤ちゃんがたくさんいるのです。赤ちゃんが「夜ふかしするのはお昼寝のせい」とばかりは言えないのです。

さらに日本の赤ちゃんの睡眠時間が世界で一番短い事もわかりました。どうも日本では赤ちゃんを寝かしつける事、寝かせる事が得意ではないようです。でも実は日本の大人の睡眠時間の短さも世界トップレベルです。赤ちゃんから大人まで短睡眠時間国家なのです。

睡眠時間が短いことで心身に様々な問題が生じることも近年明らかにされています。赤ちゃんばかりでなくお父さんお母さんも早寝、朝型を目指してはいかがでしょうか?

神山 潤先生のプロフィール

神山 潤先生(東京ベイ浦安市川医療センター長)

早起き・早寝の大切さと夜更かしの危険、生活習慣と子供の発達などについて、全国で講演会など啓発活動を行っている。「子どもの早起きをすすめる会」発起人のお一人。

主なご著書
「早起き脳が子どもを伸ばす」(けやき出版)、
「『夜更かし』の脳科学~ 子どもの心と体を壊すもの」(中公新書)、
「ねむり学入門」(新曜社)、
「四快のすすめ」(編 新曜社)ほか。

公式ウェブサイト http://www.j-kohyama.jp/

ページの先頭に戻る