ページの先頭です
Menu
文字サイズ

見直そう親子の生活習慣

協議会のページ

会員の取り組み事例紹介

うんち教室開催の報告

うんち教室 会員の取り組み事例紹介

うんち教室は、子どもたちと一緒に、トイレやうんちの大切さについて話し合う、総合学習プログラムです。うんちを通して、子どもたちに、自分の健康にもっと興味をもってもらいたい、トイレがなぜ大切か知ってもらいたい。そんな思いをこめて、王子ネピアに協賛いただき、2007年から行っています。

プログラムは、

  • (1)基本講座(トイレとうんちの大切さを伝える、排泄と健康のかかわりを伝える)
  • (2)うんちえんぴつ作り(うんちへの関心を高める、印象に残る授業にする)
  • (3)うんち日記の記入(うんちの状態を把握する、親子の会話をつくる、うんちと健康の関係を理解する)

という構成になっています。昨年に引き続き、今年も首都圏の小学校5校での実施が決まりました。その第一回目を、2008年7月4日、荒川区立ひぐらし小学校の1年生(57人)で行いました。ひぐらし小学校は、食育や環境教育に特に熱心で、食べることと排泄することは一連の流れなので、それらをつなげて学びたい、という依頼を受けて行いました。

今回の講師は、うんち日記を描いているイラストレーターの山田花菜さん、食育インストラクターの原田涼子さん、トイレアーティストの山野賀代さん、彫刻家の山野好民さん、そして、うんち王子に扮する加藤篤です。それぞれの専門分野を活かし、トイレとうんちの大切さを子どもたちに伝えました。うんちと食べ物の関係、いいうんちをつくるための習慣などを中心にストーリーをつくり、毎朝、元気にうんちがでるのが理想であることを話し合いました。

また、今年の4月に、王子ネピアが実施する「nepia千のトイレプロジェクト」の一環として、東ティモールでうんち教室を行ったので、そのときの状況や東ティモールのトイレ事情を子どもたちに話をしました。

東ティモールのトイレの話をどのように聞いてくれるのか少し心配していましたが、東ティモールのトイレの写真をスクリーンに映し出すと、騒いでいた子どもたちがシーンと静かになり、「このトイレはどうやって使うの?「水はどうやって流すの?」など、どんどん質問が出てきました。

他の国のトイレについて子どもたちと語り合うことは、水資源や文化・習慣、衛生などを学ぶことにつながると確信しました。日本のトイレは、水、電気、トイレットペーパーがそろってこそ、機能します。他の国を知ることで、いろいろな気づきが生まれるのだと思います。

もうすぐ、ひぐらし小学校の子どもたちのうんち日記が私たちの手元に届く予定です。どんなうんち記録が集まってくるのか、楽しみです。この結果は、ウェブサイトのいいうんち研究所で報告する予定です。(昨年の実施結果や、子どものうんち事情も掲載しています。)

大人から子どもまで、すべての人に共通する「うんち」は、からだの状態を報告しくれる大事な情報源です。自分では大丈夫だと思っていても、うんちの状態が悪ければ、どこかに異常があるのかもしれません。うんちはウソをつきません。

昨年のうんち教室を実施した学校の保護者からは、「ガマンせずトイレに行くようになった」「苦手な野菜を食べるようになった」「子どもの体調を知るいい機会になった」などのコメントが寄せられています。これからも、うんち教室活動をとおして、排泄の大切さを情報発信していきたいと考えています。

日本トイレ協会

  • うんち教室 会員の取り組み事例紹介
  • うんち教室 会員の取り組み事例紹介
  • うんち教室 会員の取り組み事例紹介
  • うんち教室 会員の取り組み事例紹介
  • うんち教室 会員の取り組み事例紹介
  • うんち教室 会員の取り組み事例紹介
  • うんち教室 会員の取り組み事例紹介
  • うんち教室 会員の取り組み事例紹介

子どもの早起きをすすめる会 第6周年記念シンポジウム

『夜型社会から抜け出すために』

子どもの早起きをすすめる会 会員の取り組み事例紹介

子どもの早起きをすすめる会の第6周年記念シンポジウムが、2008年6月1日に東京都渋谷区代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されました。晴れ渡った昼下がりの陽光の下で、120人用のセミナー室は参加者で埋め尽くされ、熱気に包まれていました。しかしクーラーはよく効いていました。

まず、星野恭子からご挨拶。「早起き講演会に参加された保護者からのアンケートの中に、『父親の遅い帰宅が家庭の生活リズムに影響を与えている』との感想が多数あった。そこで今回は、大人の勤務時間も含めて、社会全体が夜型から脱却することを考えた」。

最初の講演は、富山大学大学院医学薬学研究部准教授の関根道和先生による『富山スタディからみた子どもの睡眠習慣と健康―寝ぬ子は太る―』でした。「日本人の死因の30%は心疾患、脳血管疾患といった血管に由来する疾患であり、そのリスク因子として肥満が重要である。我々は、小児期からの生活習慣と肥満との関係を疫学的に解析するために、富山スタディを行った。

富山スタディとは、平成元年生まれの富山県の子ども1万人を前方視的に現在まで16年間追っている大規模なコーホート研究であり、その結果をここに述べる。

まず、3歳時の睡眠時間が9時間未満の子は、10時間以上の子と比べて、中学1年生時の肥満発生率が1.59倍増える(寝ぬ子は太る)。3歳時に早寝だった子は、小学4年生時も早寝な傾向にある(習慣作りは就学前から)。小学1年生時から4年生時にかけて8時間未満の睡眠時間を経験した子は、8時間以上を継続した子と比べて、肥満になりやすい(肥満予防は継続的に)。

また、子どもの肥満のリスク要因として、①父の肥満、②母の肥満、③朝の欠食、④間食、⑤運動不足、⑥長時間のテレビ、⑦睡眠不足、の7点が挙げられる。これらを総合してスコア化したところ、小学1年生時のスコアと小学4年生時の肥満発生率との間に相関関係が見出される。

さらに、夜型の中学生は朝型の子と比べると有意に、入眠潜時が長く、睡眠時間が短く、日中の眠気が強く、テレビの視聴が長い(夜型は睡眠の質が悪く、生活習慣が乱れがち)。運動部に所属している子は朝型、塾通いしている子は夜型が多い。

そして、社会環境要因との関連として、一人っ子はテレビ・ゲームの時間が長い、就寝時刻が遅い。肥満の母の子どもは朝食を欠食、身体活動性が低い、テレビ・ゲームの時間が長い。常勤の母の子どもは間食が多い、テレビの時間が長い、睡眠時間が短い。

以上より、子どもの肥満のリスクを下げるためには、就学前から十分な睡眠を継続的に取るようにし、朝型の睡眠習慣を心がけ、そのことを地域社会や保護者が積極的に支援する必要がある、と言える」。

  • 子どもの早起きをすすめる会 会員の取り組み事例紹介
  • 子どもの早起きをすすめる会 会員の取り組み事例紹介
  • 子どもの早起きをすすめる会 会員の取り組み事例紹介

次の講演は、(株)東レ経営研究所社長の佐々木常夫先生による『ビジネスと家庭は朝型方式―私にとっての会社・仕事・家庭』でした。「私は東京大学経済学部を卒業して1969年に東レに入社した。

30代前半に石川県にある関連会社を再建したことを皮切りに、繊維事業の黒字化、釣り糸事業のシェア拡大、プラスチック事業の世界展開と、重要なプロジェクトを次々と成功させていき、同期ではトップで取締役になり東レ経営研究所社長の現職に至った。

しかし、家庭ではトラブルの連続であった。長男が自閉症であり、さまざまなこだわりやコミュニケーション能力の欠如といったことから毎月のように学校に行かざるを得なかった。さらに、妻が急性肝炎で3年ほど入院した。そのため、私が朝5時半に起きて2人の子どもの弁当を作り、19時には帰宅して家事を行い、土日は病院の見舞いと家事という生活に明け暮れた。

そのあとさらに大阪と東京を6度も転勤があった。その後、妻は肝硬変とうつ病のため、40回もの入院と3回の自殺未遂をしてしまった。そのため、会社には自分の家庭の問題をオープンにし、この苦境を乗り切った。現在は、妻も長男もそれなりに落ち着いてくれている。

そんな折、病気や障害に苦しんでいる人のために前半生を執筆して下さい、とWAVE出版社から頼まれたため、わが家の暴露本『ビッグツリー』を著作した。意外にも読者から大きな反響が寄せられ、秘かに障害に苦しむ人の多さに驚いた。

苦境を乗り切った秘訣は、仕事も家事も全て計画的戦略的にこなしたこと。つまり、午前中にその日の仕事の半分をこなし、早寝早起きで心身ともに健康を保ち、「ワークライフバランス」ではなく「ワークライフマネジメント」を心がけた。私は必要に迫られて否応なく朝型方式が身についたが、やはり朝型が良いと思う」。

最後に、2人の先生とともに神山潤、鈴木みゆき、星野恭子によるパネルディスカッションが開かれました。特に神山からは、2010年に日本での導入を検討されているサマータイム制度への反対意見が出されました。人為的に生活リズムが変更されると体調不良、事故の多発につながり、余暇の時間が残業や塾に費やされかねないとの危惧からでした。

また、佐々木先生のような朝型生活を推奨される企業人が、今後とも益々ご活躍されることを祈念して、会は盛況のうちに終了しました。用意していた佐々木先生の『ビッグツリー』56冊は、瞬く間に参加者の手に査収されていきました。

交流会では、関根先生の理知的なご発言と佐々木先生の迫力ある笑い声とが、両極端にありながら、明るく混ぜ合わさっていくようでした。

東京ガス株式会社

小学校向け食育副読本「ミスターGシェフとお料理しようよ!」「ミスターGシェフと五感レッスンしようよ!」を活用して、食育事業を実施しています

東京ガス株式会社では、1992年より子ども向け料理教室「キッズ イン ザ キッチン」を開始し、食育活動に取り組み始めました。

2002年からは自治体や学校の食育活動を支援する「わくわくクッキング」を開始し、小学校向け食育副読本を2冊発行しています。

なお、この他にもWEB上から自由にダウンロードできる教材ツールも多くございますので、ぜひご活用下さい。

ミスターGシェフとお料理しようよ!

「ミスターGシェフとお料理しようよ!」

東京ガス「食」情報センターと畑江敬子氏(元お茶の水女子大学大学院教授)らが共同で作成した調理実習テキストです。

お腹が空いたとき冷蔵庫にある材料だけで一人でもすぐ完成できるメニューを掲載し、児童が家庭で日常的に調理することによって、調理技術の習得ができることを目指しています。

衛生上扱いやすく、中食や外食では摂取しにくい野菜中心のメニュー5品を選び、合わせて調理の基本である包丁とコンロの使い方を掲載しています。(A4版16ページ/2003年3月発行)

ミスターGシェフと五感レッスンしようよ!

「ミスターGシェフと五感レッスンしようよ!」

東京ガス「食」情報センターと久保田紀久枝氏(お茶の水女子大学大学院教授)らが共同で作成した五感教育テキストです。

テキストは、御協力いただいた先生方の研究の知見に加え、フランスの味覚教育カリキュラムや東京ガス「キッズ イン ザ キッチン味覚体験コース」での実績等をもとにして、日本でも実践しやすい形にまとめたものです。

五回のレッスンで子どもたちが五感とは何かを知り、食のおいしさを通じて食への関心を持つような内容になっています。(A4版20ページ/2008年)

カゴメ株式会社

カゴメ株式会社(社長:喜岡浩二)は、食育支援活動の一環として、「カゴメ劇場(※)」ホームページ上において、幼児の朝食に関する調査を実施いたしました。

一般的に幼児期の朝食欠食率は、他の年代に比べて低く、多くの家庭では朝食の重要性は浸透していると考えられるが、その実態がどのようなものかを把握することを目的としています。

調査結果と分析は報告書の通りです。特に、興味深いデータとして、「朝食を毎日必ず食べる」と回答したのが全体の96.2%を占め、今回の朝食欠食率は極めて低いものでした。

しかし、「朝食で重視していること」は、「とにかく何かを食べること」が31.5%を占め、「栄養のバランス」の20.2%を大きく上回っています。

また、朝食の献立は、「主食+飲み物」「主食+デザート+飲み物」が全体の65%を超えており、「おかずなし」家庭が多くを占めることがわかりました。

これらのことから、朝食の必要性は十分家庭にも浸透しているが、慌しい朝、栄養バランスなどの「質」については重視されていない実態が浮き彫りとなりました。

カゴメでは、今回の調査結果をさらに検討・分析し、食育支援活動の更なる発展と充実を図ってまいります。

  • ※カゴメ劇場は、カゴメ食育支援活動の一環として実施している食をテーマにした幼児対象のぬいぐるみミュージカルです。1972年の開始以来、毎年夏休みに全国で公演を行なっており、過去35年間におけるのべ来場者人数は300万人を超えました。

日本マクドナルド株式会社

インターネット教材『食育の時間』。
『「小・中学校のための食育」DVD付きモデル指導案』を無料配布中

インターネット教材『食育の時間』

『「小・中学校のための食育」DVD付きモデル指導案』を無料配布中

子どもたちが正しい食生活の重要性や、食べることの楽しさ通じて「食を選択する力」を身に付けることを 目的に、2005年より全国各地の小中学校における食育授業のサポートをしています。

インターネット教材『食育の時間http://www.chantotaberu.jp/

食育授業教材として、また家庭学習としてご活用頂いています。 子どもたちにとって身近で大切な5つのテーマを選び、5時間の時間割りで構成。

食生活に欠かせないポイントをアニメやゲームを使いながら楽しく学べる教材コンテンツです。

昨年は全国小中学校で合わせて431回の授業が実践され、小中学校の教職員の方々から年間約1000件のお問合せを頂戴し、学校現場での食育実践に活用頂きました。

また2008年4月、0時間目「朝ごはんってなぜ大切なの?」を開発。

科学的根拠をもとに朝ごはんの重要性をクイズ形式で学んだり、チェックシートを使って1人ひとりが生活習慣を見直す等し、子どもたちに「早寝早起き朝ごはん」の大切さをわかりやすく解説する内容になっています。

食育の時間 インターネット教材

食育の時間 インターネット教材

『「小・中学校のための食育」DVD付きモデル指導案』を無料配布中!

小・中学校の総合的な学習の時間などでご活用いただける『「小・中学校のための食育」DVD付きモデル指導案』を無料で配布しています。

この冊子には、『食育の時間』を使った45分のモデル指導案と、0~5時間目までの授業の進め方やポイントを解説した実践映像のDVDが掲載されていますので、先生が主体となって学校の状況や生徒に合わせ、自立的かつフレキシブルな食育授業を実施していただけます。

また食育授業サポートツールも提供し授業のお手伝いをしています。

あなたの学校でも食育授業をしてみませんか?
ご応募は >>こちらから

「小・中学校のための食育」DVD付きモデル指導案

ページの先頭に戻る