ページの先頭です
乳幼児期からの子供教育支援プロジェクト

東京都からのお知らせ

東京都教育委員会発行メルマガ登録はこちら

2016/06/24指導者・支援者の方へ 《家庭教育支援施策研修 開催のご案内》

■28年度家庭教育支援施策研修(第2回)
『そうだ、やっぱり 早起き・早寝!&朝ごはん』を伝えよう!
~乳幼児を育てる親世代に注目した支援と啓発~
子供の夜更かしが問題になった1990年代に子供だった世代が、
社会人・保護者になった今、生活習慣に関する意識は?
生活リズムが大切な理由を科学的に説明するための基礎知識や
小さな頃から生活習慣を身に付けることの大切さについて、鈴木先生の最新の研究から学び、
保護者の支援や啓発についてみなさんと考えます。
◆日時
平成28年7月20日(水) 14:00~16:30
◆場所
国立オリンピック記念青少年総合センター(小田急線参宮橋より徒歩)
◆主な内容
(1)早起き・早寝、朝ごはんが大切な理由(科学的な基礎知識)
  • ・キーワードは「概日リズム」「メラトニン」「成長ホルモン」・・・
  • ・夜更かしが子供の成長発達に及ぼす悪影響
(2)幼児期に遅寝だった子供たち。大人になって生活習慣は・・・・
  • ・3~4割の幼児が夜10時以降に寝ていた1990年代の子供のコホート調査研究を
      「生活習慣の継続」という視点から考察
(3)現代の子育て・家庭教育を支援するためのアドバイス
  • ・幼児期に規則正しい生活習慣を身に付けられるような家庭教育支援とは
  • ・先生に教わる、啓発のキーワード
◆講師
鈴木 みゆき先生
 (和洋女子大学 人文学群こども発達学類 教授、医学博士)
◆定員
150名
◆参加費
無料
◆申込
電子メール又はファクシミリで受け付け、定員になり次第締め切ります。
 申込方法等詳細は、「指導者研修」のページから開催要項(チラシ)をご覧ください。
【電子メール申込アドレス】
ml-kkyoiku-kensyu(アット)section.metro.tokyo.jp
  • *冒頭は小文字で「エム・エル」
  • *(アット)を@に置き換えてください
  • *本文に、(1)区市町村名 (2)お名前 (3)御所属(学校名等) (4)参加票返信先(アドレスとファクシミリ番号) を記入してください
  • *件名に『7/20家庭教育支援研修申込』と書いてください
◆主催
東京都教育委員会
◆問合せ
:東京都教育庁 地域教育支援部生涯学習課 家庭教育支援事業担当
  電話:03-5320-6859

2016/05/12指導者・支援者の方へ 《家庭教育支援施策研修 開催のご案内》

■28年度家庭教育支援施策研修(第1回)
子供の将来の自立の不安やひきこもりと、思春期の親子の関係・つきあい方
 ~家庭教育学級で学び考えるためのテーマと講師のヒント~
子供が壁を乗り越えるとき、親としてできることは何だろう?
 適応できずにつまずく子供に、親としてできることは何だろう?
 ――誰もが気にかかることを話したり、聞いたりする機会を作りませんか?
◆日時
平成28年6月28日(火) 13:30~16:00
◆主な内容
(1)子供と親の適度な距離とは
  • ・今の子供を取り巻く環境の理解
  • ・幼児期から思春期、子供と親の適度な距離とは
  • ・親子関係のキーワード!(子供の自立、子供の人生、気持ちの共有、信頼関係等)
(2)若年無業者(ニート)・ひきこもりの子供若者支援から見えてきたこと
  • ・子供が若年無業者(ニート)やひきこもりになるきっかけ・理由と、解決の糸口
  • ・親のせいだと自分を責めないで/子育てに手遅れはない/子供と親を支える活動
◆講師
蟇田 薫さん、森 裕子さん
  (認定NPO法人育て上げネット 若者支援事業部、同親の会「結」相談員)
◆定員
120名
◆参加費
無料
◆申込
電子メール又はファクシミリで受け付け、定員になり次第締め切ります。
 申込方法等詳細は、「指導者研修」のページから開催要項(チラシ)をご覧ください。
【電子メール申込アドレス】
ml-sy-kateikyouikusien(アット)section.metro.tokyo.jp
  • *(アット)を@に置き換えてください
  • *本文に、(1)区市町村名 (2)お名前 (3)御所属(学校名等) (4)参加票返信先(アドレスとファクシミリ番号) を記入してください
  • *件名に『6/18家庭教育支援研修申込』と書いてください
◆主催
東京都教育委員会
◆問合せ
:東京都教育庁 地域教育支援部生涯学習課 家庭教育支援事業担当
 電話:03-5320-6859

2016/3/8東京都教育委員会作成の啓発資料等を提供します!

本サイトの「資料のページ」で紹介している各種資料のうち、印刷版の残部があるものを希望する個人・団体等に提供します。
希望する方は、このページの「おすすめ資料の紹介」の詳細記事をお読みいただいた上で、そこに記載の要領でお申込みください。

◇提供する資料のタイトル、内容、在庫状況、提供方法は、こちらを御覧ください。
「東京都教育委員会が作成・発行した啓発資料・指導者資料」一覧(PDF形式 337KB)
※こちらの資料一覧の表紙画像から、各資料のダウンロードページを御覧になれます。


更新情報

2016/6/27
指導者研修 /指導者研修【H28年度家庭教育支援施策研修(第2回)開催要項等をUPしました】
「指導者研修」のページへ
2016/5/12
指導者研修 /指導者研修【H28年度家庭教育支援施策研修(第1回)開催要項等をUPしました】
「指導者研修」のページへ
2015/10/30
指導者研修 /【H27年度家庭教育支援施策研修(第3回)開催要項等をUPしました】
「指導者研修」のページへ
2015/8/25
地域の取組紹介 /【「特色ある地域の取組《事例紹介》」に北区「地域の図書館と区民が協働で子育てと子供の成長をサポートする」取り組みをUPしました】 「特色ある地域の取組《事例紹介》」のページへ
2015/5/27
指導者研修 /【H27年度家庭教育支援施策研修(第1回)開催要項等をUPしました】
「指導者研修」のページへ
2015/5/1
地域の取組紹介 /【「地域で取組む《食育》」に小金井市「食育ホームページから発信!"朝食を食べよう"」の取組をUPしました】
「地域で取組む《食育》」のページへ

資料の紹介

東京都教育委員会作成の啓発資料等を提供します!(2016/03/08掲載)

「資料のページ」で紹介している各種資料(印刷版)のうち、残部があるものを以下の要領で希望する個人・団体等に提供します。
希望する方は、電子メールまたは電話でお申込みください。

◇対象:東京都内に在住の保護者及び関心のある方、都内に所在する幼稚園・保育所・学校等、都内で活動する家庭教育支援・子育て支援団体、NPO等

◇提供する資料のタイトル、内容、在庫状況、提供方法等
「東京都教育委員会が作成・発行した啓発資料・指導者資料」一覧(PDF形式 337KB)
 ※こちらの資料一覧の表紙画像から、各資料のダウンロードページを御覧になれます。

◇費用:資料はいずれも無料です。ただし、送料の負担をお願いします。
  原則として東京都都教育庁から「着払い」で送付させていただきます。
  区市町村立の施設、事業所等の場合は「交換便」利用が可能です。

◇申込先:
東京都教育庁地域教育支援部生涯学習課(乳幼児期からの子供の教育支援プロジェクト)
 (1)メールアドレス S9000027(at)section.metro.tokyo.jp
   ※迷惑メール防止措置を取っています。(at)を@に変えて送信してください。
   ※メールの件名に「乳幼児期プロジェクト 資料希望」と入れてください。
 (2)電話(直通) 03-5320-6859

◇いずれの資料についても、1事業所(園・団体等)あたりに提供する部数については、残部の状況により相談させていただく場合があります。あらかじめ御承知おきください。

6つのテーマの指導用スライド教材
「乳幼児期を大切に~心と体の基礎を育てるとき~」

 保護者向け資料「乳幼児期を大切に」(下記)の内容を、見やすく、易しく、分かりやすく保護者に伝えるための教材として、イラストやグラフ等をスライドにしました。6つのテーマで作成し、テーマごとに専門の先生の解説を掲載した「指導の手引」もあるので、正しく、詳しく伝えることができます。
 乳幼児期に大切なことを保護者の方々に伝えるために、どうぞ御活用下さい。

《各教材のテーマ》

  • ・教材1「脳と心の発達メカニズム ~五感の刺激の大切さ~」
  • ・教材2「生活リズムの確立のために」
  • ・教材3「運動能力の発達と『遊び』の大切さ ~運動遊びを通して育つもの~」
  • ・教材4「ふれあって、親子の絆を」
  • ・教材5「乳幼児期からの『食』を育む ~食文化と、体の中の食べ物の通り道~」
  • ・教材6「豊かな心と社会性の成長・発達のために ~子供の自立・自律を目指して~」

これらの教材のスライドと「指導の手引(解説書)」は、すべて当サイト「資料のページ」の「指導用スライド教材」に掲載しており、印刷やダウンロードができます。

「資料のページ/指導用スライド教材」のページへ

指導用スライド教材(Ⅰ~IV)「乳幼児期を大切に」(平成22年、平成23年作成)
<教材4表紙>

保護者向け資料「乳幼児期を大切に ~心と体の基礎を育てるとき~」(平成21年11月作成)

この冊子は、おおむね3歳までの乳幼児期のお子さんをもつ保護者の方を対象に、区市町村の保健所・保健センター等と連携して、母子健康手帳配布時、新生児・乳児の家庭訪問や健康診査、などの機会にお配りします。また、育児学級や家庭教育の講座で学習資料としても活用されます。(配布・活用方法はお住まいの地域によって異なります。)
 冊子の閲覧や、配布・活用の詳細については「資料のページ」をご覧ください。
「乳幼児期を大切に」の全28ページを、PDFファイルでご覧いただけます。

資料のページへ

保護者向け資料「乳幼児期を大切に ~心と体の基礎を育てるとき~」

メインメニュー

  • トップページへ
  • プロジェクトについて
  • 資料のダウンロード
  • 生活リズム
  • 食育について
  • 運動能力の発達と幼児期の運動遊び
  • 教えて先生
  • 地域の取り組み
  • リンク
  • 東京子育てスウィッチ
  • 東京都生涯学習審議会第一次答申

  • 見直そう親子の生活習慣

  • 都立図書館が提供する『こどもページ』
  • 子供読書活動

携帯電話からもアクセスできます
携帯サイトQRコード 携帯サイトはこちらから